2008年3月20日 (木)

らせん階段

何度か 同じ景色が見えた時

初めて 自分が

少しだけ高いところにいることに 気づく

らせん階段のような登り道が

これまで全力でかけてきた君の前に

見えるだろう

夢に続いている この道を

あせらず 勇気を持って 歩いてゆこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

1月26日

君が飛び降りた線路の上を
ダイヤ通りの列車が駆け抜ける
この国の時間はけして止まらない

それでも勇気は 君の勇気は
きっと あの日のことを知った人すべての
心をしばらく止めて  大きく揺らした

数年ぶりの大雪が 町を消してしまっても
君がここでしたことを
遠い遥か思い出の果てまで
誰かに話そう きっと伝えるよ

1月26日は 冬の真中で
春を夢見て がんばりつづけてた
君の季節と重なっていた

二つの勇気は その瞬間に
何を悔やんで 何をあきらめたのだろう
愛する人を思って笑えただろうか

二つの言葉 二つの手 時を越えて 温かく
君がここにいたことを
遠い遥か思い出の果てまで
誰かと話そう 雪は溶けてゆく

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月 9日 (月)

手紙

      手紙


どうして こんなに 心の中が書けないものでしょう

使い慣れないむずかしい心 辞書で手繰りながら

こんにちは の次の言葉が出てこない

たしかにひとつ たったひとこと

あなたに伝えたい

たしかにひとつ たったひとこと

それだけで いいのに

季節の移り行く窓や 子犬が生まれた日のこと

思わず書きつづけてしまう 水色の便箋



行の隙間に気をつけながら 一文字ごとに力が入る

明日という字も うまく書けない 線が一本増えて

これじゃ明目に見えるかな また初めから

たしかにひとつ たったひとこと

あなたに伝えたい

たしかにひとつ たったひとこと

それだけで いいのに

電話でさえも言えなくて 手紙を書き出したけれど

どうして素直になれないの 大切な一言

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 7日 (土)

   雪の降らないクリスマスの夜                         

娘も息子も

私たちとテーブルをはさんで座る

四人とも別々のメニューから顔を上げない

あの頃は

メニューをテーブルに広げ

それぞれの選んだ「御馳走」に

感心したり、文句を唱えたり・・・

二人を見ている私に気づき

「楽になったものだ」とあなたが言う

でも

顔を上げた弟は

相変わらずいちばん高い品を選ぶ

姉は弟をひとにらみした後

値段の安い方を選ぶ

娘の気づかいが

いつか訪れるであろう終わりの予備信号のようで

少しこわい

お寺の鐘を百八つ数え

鳥居をくぐって柏手を打つ私たちに

十二月二十五日を祝う理由は少しもないのだから

年に一度の家族の楽しみを

いつまでも続けたいと思うのは

ぜいたくなのかもしれない

もう何年も

クリスマスの静岡には雪が降らない

雪のクリスマスはすてきだろうけれど

また今年も 

雪の降らない静岡で

四人のクリスマスを迎えられたことを

今夜は神様にそっと感謝しよう

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 4日 (金)

心幅

   心幅                                                

「人物」になろうとして

冷静を装う

嫌悪へ向かう心の振り子の振幅を

最小限に押さえるため

視聴覚に笑顔のフィルターをかける

心の振幅はしだいに小さくなり

雨をうらむことも

冬の寒さを憎むこともなくなった

そのかわりに

朝日に祈る衝動もなくなり

春の芽吹きが心の外に映るようになった

この振幅がゼロになる時

わたしは聖人となるのか

それとも廃人になるのか

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月 3日 (月)

羽化

    羽化

今まで ただ じっと

眠り続けていたのだから

体が壊れるほどの痛みが襲ってくるのは

当然なのだとわかっていても

心が恐れるほどの痛みにさえ

耐え続けなければならない毎日は

さすがに この僕を 叩きのめそうとしている

自分はこれほど

 大それた役をやる人間ではない

自分はそれほど

 強く前向きな人間ではない

じっと蛹のように

 閉じているのがいちばん似合っている

昨日までは

気楽な毎日を何十年も正当化して

一人だけの幸せにありつこうとしていた

けれど 幸せは

向こうからやってくる運命ではなく

季節の風とともにめぐり来るものでもなく

ただ 人と人の間に生まれ

人の手から人の手へと

大きくふくらんでいくものだとわかったから

僕も幸せを誰かに繋ぐための

大きな背中と強い羽を持って

この場所から翔んでみようと

人並みに思えた自分に

少し照れ笑いを浮かべて

今まで ただ じっと

眠りつづけていた体と心が

音を立てて変わっていく日々を

いつか懐かしく

空の上から見下ろす朝を夢見て

重い頭を持ち上げれば

硬い殻の割れ目から

痛んだ筋肉に

日の光が差し込んでくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

国境線

   国境線
    ~ようこそワールドカップ~

誰かが

地面に引いた線が

こちら側で生まれた私と

そちら側で生まれたあなたとの間で

支配する者の違いではなく

民族の名の違いでもなく

祈る言葉の違いでもなく

ただ 単純に

応援するチームの違いを

分けているのだとしたら

四年に一度

何の迷いもなく

熱狂の中で私は

その旗を振り

その歌を歌うだろう

タイムアップのホイッスルが鳴る時

私たちはこの線を踏み越え

かたく手を握る

ボールのように丸い星の上で

同じ時間を

同じ世紀を

生きているのだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

吉報

                                                   

ある夜、突然

友人から吉報が届く

置いたばかりの受話器が

大切なものに見えて

もう一度触れた

プレゼントにあれこれ思いはめぐり

添える言葉がいくつも湧き上がる

さっきまで

行き詰まって

泥のように死にかけていたはずの心が

スパンと目を覚ましている

いつだって

自分の力だけで立ち直るのは難しい

だから

そんな時

友人の声はいい

わけても

幸せになったばかりの友人の声は

とてもいい

この吉報を

もう一人の友人に伝えるため

受話器を上げた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

青空がまぶしいね

   青空がまぶしいね

青空がまぶしいね

今まで少しも気づかなかった

下ばかり向いて歩いていたんだ

どんなに晴れた日でも

君のくれた言葉に顔をあげて

もう一度聴こうと君を見つめた

そしたら世界は明るくなって

急に僕の前に開けていった

君がそこにいる

生きてる 笑ってる

僕はもう幸せになっている

雨つぶも温かい

今なら濡れても大丈夫だよ

傘から飛び出す勇気がなかった

どんなに責められても

君がくれた言葉は少し痛い

でもそれはほんとの言葉だったよ

両手でハートを支えてくれる

それがわかったから僕も笑った

君がそこにいる

生きてる 笑ってる

それだけで世界が味方になる

僕にもできるかな

君がしてくれたように

誰かの手をとって

大丈夫だよって

やさしく強く言いたい

君がここにいる

生きてる 笑ってる

それだけで世界が味方になる

僕はもう幸せになっている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

高原の雲

     高原の雲

急ぎ、去ろうとする

高原の小さな雲に

大きく厚い雲が追いつき

飲み込んだ

小さな雲は

この高原の空に

二度とその姿を現すことはない

やがて雲の海にぶつかり

大きな雲も

二度とその姿を現すことはない

どんなに大きなものに

飲み込まれたように見えても

自分は少しも変わらない

そう誰もが信じて

人は生きている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

作曲済み | 曲はついていません